ワンルーム引越し単身引越し専門

らくらく引越講座

1.奥の部屋から荷造りを始めましょう
入り口付近の部屋から荷造りをすると、入り口付近が荷物で埋まってしまって大変不便です。
奥の部屋から荷造りを始めると、そんなことは無くなりますね。
2.部屋ごとに箱詰めし、番号を割り振っておきましょう
一部屋ごとに荷造りを行うと、それぞれの荷物がどの部屋の荷物なのか簡単に分かります。
また、タンス・机・引き出しごとに詰め入れても、後で分かりやすいでしょう。
そして、新居の部屋ごとに番号を割り振り、それぞれの荷物をどの部屋に運び入れるか決めておいて、部屋番号に対応させて荷物に部屋番号を書いておきましょう。
荷物の運び入れ作業が何倍にも楽になりますし、荷解きの時にも混乱しません。
3.重い物は小さな箱に入れましょう
書籍など、重い物は小さな箱に入れましょう。大きな箱にたくさん詰めてしまうと、持ち運びが大変です。
小さな箱に分けて入れると、持ち運びもラクです。書籍は小さなミカン箱ぐらいが目安です。
4.「詰め過ぎ」・「詰めなさ過ぎ」に注意しましょう
中身を詰めすぎると、段ボールの形が変わってしまい、重ねた時に不安定になってしまいますし、中身が破損してしまう可能性があります。
また、詰めなさすぎても、中身が動いて破損しやすくなります。適度な詰め込みを心掛けましょう。
5.使わないものから荷造りしましょう
引越し作業が続いている間に使う可能性が高いものは、ギリギリまで詰めないようにしましょう。荷物の出し入れで大変手間を取ってしまいます。荷造りは、使わないものから始めましょう。
6.外からでも中身を確認できるようにしましょう
外からでも荷物の内容を確認できるようにすると、荷解き作業が大変ラクになります。取扱いに注意がいるものには、「注意」などと書いておくと良いでしょう。また、内容を書くのは、段ボールの上部だけでなく、側面にも書いておきましょう。

これはどうやって荷造りすれば良い??
1.お皿(新聞紙や食器包装紙などの緩衝材、粘着テープ)
一枚一枚、食器包装紙で包み、種類ごとに重ねて入れると良いでしょう。
この時、下には新聞紙を敷き詰め、立てて入れるのがコツです。また、重ね入れた後、段ボールの中でお皿が動かないように、すき間に新聞紙などを詰め込んでやると良いでしょう。お皿類は早めに荷造りを始め、箱には『ワレモノ注意』と書いて下さい。
2.コーヒーカップ、急須(新聞紙や食器包装材などの緩衝材)
取っ手が割れないように、取っ手部分がぶあつくなるように、包装材で包みましょう。
急須の上ブタは、フタのつまみが下になるように、急須本体に乗せておいてください。カップ同士、急須同士、動いて当たることが無いように、すき間に新聞紙などを詰めましょう。『ワレモノ注意』と書いて下さい。
3.書籍類(粘着テープ)
たくさん詰め入れると重くなるので、小さな箱に分けて入れましょう。
また、棚に番号を割り振っておき、箱にも同じ番号を書いておくと、後から困りませんよ!
4.ビン類(巻段ボール、粘着テープ、新聞紙)
しっかり栓をしてポリ袋に入れ、封をしてから新聞紙で包みましょう。
瓶とビンの間は新聞紙で埋め、瓶同士が当たらないように、立てて入れるのがポイントです。
5.衣類(衣装ケース、ハンガーボックス、粘着テープ)
シワにならない程度に折り畳み、大きめの箱に入れましょう。
引き出しや季節単位で入れておくと、わかりやすいでしょう。
また、スーツやコートなど吊り下げて保存してあるものについては、ハンガーボックスを利用すると便利です。
(直行便の場合は、無料で当日レンタルできます)
※混載、コンテナ便の場合は、販売、買取になります。
6.ふとん(ふとん袋)
畳んで積み重ね、上からふとん袋をかけてひっくり返すと良いでしょう。
作業は数人で行うと良いでしょう。また、ガラスなどのワレモノは絶対に入れないようにしてください。大変危険です。
7.人形ケース(新聞紙などの緩衝材)
中の人形が動くと破損しやすくなります。人形を新聞紙などで包んで固定し、箱に入れてください。
『ワレモノ注意』と書いておくと完璧です!
8.刃物(厚紙、粘着テープ)
厚紙で刃を包み、粘着テープでしっかり止め、刃が露出しないようにしましょう。
柄の部分は出しておいた方が、包丁である事がわかるので良いでしょう。
刃物が入っていることを箱に書いておくと完璧です!

事前準備が必要な荷物はどうすれば良い??
1.貴重品
現金や有価証券、通帳や印鑑などはまとめてバッグに入れておきましょう。
箱に詰めたりすること無く、ご自身で持ち運んで下さい。(貴重品をお荷物の中に入れた場合、紛失してもこちらは、一切責任取れませんので、ご注意下さい)
2.机、冷蔵庫(段ボール、ガムテープ)
引越前日までに中身を空にしておき、冷蔵庫の電源は抜いておきましょう。
引き出しやドアなどが開かないように、テープなどで固定しておくと良いでしょう。
冷蔵庫は特に、霜取り・水抜きは終わらせておきましょう。
3.洗濯機
傾けて、完全に水を抜きましょう。排水ホースの水も取り除いておきましょう。
付属品は洗濯層に入れておきましょう。
4.石油ストーブ(購入時の箱あるいは大きめの箱)
ストーブの灯油は、輸送中に漏れてしまいますので、量にかかわらず、タンクは空にして下さい。
タンクと本体のジョイント部分にたまった灯油は、ポンプで吸い上げるか、トイレットペーパーなどで吸い取ってから空のタンクを戻し下さい。押入れの中のストーブなどは、もう一度タンクを確認しましょう。
ポリタンクに入った灯油も、どんなにしっかりふたを閉めても、輸送中に漏れてきますので、宜しくお願い致します。
(ふたをきっちり閉めた後、ポリ袋などに入れる様にして下さい)
バイク(原付)を運ばれるお客様は、必ずガソリンを空にして下さい!
5.テレビ、ビデオ、オーディオ、パソコン(購入時の箱)
購入時の箱があれば大変便利です。
配線は事前に抜いておき、番号を割り振るなどしてからまとめてしまいましょう。引越し後の配線が非常に楽になります。
パソコンを運ばれる方は、必ずバックアップを取って置くようにして下さい。
電子レンジの中の回転皿は、ガラス製の場合、別に梱包して下さい

地域密着型の単身引越し業者
安心できる引越業者とは、地域に根付いた引越業者だと思います。地元の引越業者は地元のお客様のお願いには弱いものです。多少の無理もお聞き致します。単身ワンルーム引越全国ネットサービスは、各支部に根付いた引越業者でネットワークを図り引越し作業をサポート致します。